ホーム > Linux > coLinux起動でブルースクリーン。

coLinux起動でブルースクリーン。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - coLinux起動でブルースクリーン。

2006 年 3 月 16 日

インストールしたはいいが、起動するとブルースクリーンになってOSが落ちてしまう件についてのメモ。
これについては、
SourceForge.net: Detail: 1306042 – Colinux crashes XP kernel – https://sourceforge.net/tracker/index.php?func=detail&aid=1306042&group_id=98788&atid=622063
で解決策が示されています。

要はHyperThreading が有効になっている環境で、

"Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載" での機能の変更点 ‐ 第 3 部 : メモリ保護技術 – http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/winxppro/maintain/sp2mempr.mspx

で説明されている「データ実行防止 (DEP)」が有効になっているのが原因になっているようで、コイツを無効にするってのが解決策のようです。
無効にするには、Boot.iniにかかれている「/NoExecute」オプションを「AlwaysOff」にすればよい、と。

Windows XP で Boot.ini ファイルを編集する方法 – http://support.microsoft.com/kb/289022/

まだ長いのでstep-by-stepでまとめ。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」
  2. 「sysdm.cpl」と入力し「OK」
  3. 「システムのプロパティ」の「詳細設定」タブ
  4. 「起動と回復」の「設定」
  5. 「起動システム」の「編集」
  6. 上がってきた(はず)のメモ帳で
    「/NoExecute=OptIn」→「/NoExecute=AlwaysOff」
    と変更し保存
  7. OS再起動

ref. coLinuxインストール資料。 – http://saikyoline.jp/weblog/2006/03/colinux.html


カテゴリー: Linux タグ:
  1. 2007 年 1 月 10 日 22:30 | #1

    丁度、この件ですっごく頭を悩ませていたので、大変助かりました。ありがとうございました 🙂

  2. yoshuki
    2007 年 1 月 10 日 23:06 | #2

    どういたしまして。フィードバックいただけてうれしいです。

コメントは受け付けていません。