アーカイブ

‘Linux’ カテゴリーのアーカイブ

nohupしなかったプロセスをあとから。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - nohupしなかったプロセスをあとから。

2007 年 5 月 16 日 コメント 2 件

[via] 一度 tty から起動したプロセス (csh/ksh 版)

subtech – Pink Blossom Diary StrikerS – 一度 tty から起動したプロセス

をバックグラウンドで動かしてシェルから抜けた後も動かし続けるにはどうしたらいいんだろ。時間がかかる処理を screen を起動させずフォアグラウンドで実行しちゃって ssh 切れてイヤン、ということが時々ある。

一度 C-z で suspend させてから切り離しさせることってできるのかしら。あと標準入出力の差し替えってできるのかしら。
追記

typoさん情報(thx!)に disown (bash/zsh 組み込み)でいけることを教えてもらった!あとは標準出力/エラー出力をどうにかできれば…。

disown知らなかった。いままでこういう状況になったときにはPC立ち上げっぱなしで帰ってました。
得てしてこれが必要になるときって終電に乗るかどうか気にしてる。

あと、

一度 tty から起動したプロセス (csh/ksh 版) – にぽたん研究所

元記事の人はbgした後シェルを抜ける状況をいっているんだとおもわれ。(t)csh なら bg で exit すればそのまま走りますけど、zsh だと

rock% perl -e ‘1 while 1’
^Z
zsh: suspended perl -e ‘1 while 1’
rock% bg
[1] + continued perl -e ‘1 while 1’
rock% exit
zsh: you have running jobs.
rock% exit
zsh: warning: 1 jobs SIGHUPed

で殺されちゃうので。

(t)cshならbgのプロセスは殺されないんだ。

こういうことって小さいようだけど、知ってると知らないの差は大きい。

カテゴリー: Linux タグ:

「coLinuxでetch」を更新。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「coLinuxでetch」を更新。

2007 年 4 月 23 日 コメント 2 件

etchがリリースされたってことで、

メモ/coLinux用RootFSイメージをDebianのISOイメージから作成

を更新しました。

Last-modified: 2006-03-25 (土) 00:44:38 (392d)

だったのでほぼ一年ぶり。すべて実際にやり直しながら更新したのでつまずくことはないはず。(はず。)
ちなみにすべてThinkPad X31 2672-PHJで作業してます。

インストール/アンインストールを繰り返して「ローカル エリア接続 n」のnが増えまくってしまった人へのヒント:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\Network\{foo}\{bar}\Connection

カテゴリー: Linux タグ:

shで標準出力とエラー出力をまとめる。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - shで標準出力とエラー出力をまとめる。

2007 年 2 月 9 日 コメント 2 件

使うたびに忘れているのでメモ。

$ cmd > /dev/null 2>&1

いっつも>と&の順番がわからなくなっちゃうんだよなー。

カテゴリー: Linux タグ:

プロセスIDだけ抽出する。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - プロセスIDだけ抽出する。

2006 年 9 月 28 日 コメント 2 件

滅多に使わない、そして使ったときにはこんな基本的なこと忘れないだろと思うんだけど、必要になるたびにアレ?てことになるのでメモ。

ps -ef | awk '/hoge/ && !/awk/ {print $2}'

なにがしたいかっていうと、こういうこと。

ps -ef | awk '/hoge/ && !/awk/ {print $2}' | xargs kill -9

乱暴だなぁ。

カテゴリー: Linux タグ:

スーパー牛さんパワー。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スーパー牛さんパワー。

2006 年 6 月 13 日 Comments off

疑問が解決したようなしないような。

# apt-get --help | tail -1
この APT は Super Cow Powers 化されています。
# apt-get moo
(__)
(oo)
/------\/
/ |    ||
*  /\---/\
~~   ~~
...."Have you mooed today?"...
# aptitude --help | tail -1
aptitudeはスーパー牛さんパワーなど持っていません
# aptitude moo
このプログラムはイースターエッグはありません。

イースターエッグの有無を書いているだけ?なの?ん?

[ref.] aptitude –help – http://saikyoline.jp/weblog/2006/02/aptitude_help.html

カテゴリー: Linux タグ:

パスワードでログインできてしまう件について。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - パスワードでログインできてしまう件について。

2006 年 4 月 1 日 コメント 2 件

知りませんでしたシリーズ。

[debian-users:42548] Re: sarge の SSHで PasswordAuthentication noは効きますか?

確か現在のsshd_configのデフォルト設定はPasswordAuthentication noですが、 代わりに「UsePAM yes」という行が最後にあります。これをnoにすれば、PAM 認証を使わず、鍵認証だけになります。

SSHでのはなし。「/etc/ssh/sshd_config」で「PasswordAuthentication no」なのにパスワードでログインできてしまう件について。
おれよくいままでハマらなかったよなって感じです。

カテゴリー: Linux タグ:

“Linux” in TurboGearsドキュメント。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - “Linux” in TurboGearsドキュメント。

2006 年 3 月 30 日 コメント 2 件

TurboGears: Installation on *nix-Like Systems

Note that on some Linux systems (Ubuntu, for example), you may need to install a “python-dev” packages in order for everything to compile correctly.

いきなり「たとえばUbuntu」なの!?「Debian、Ubuntuなど」ではなく?

カテゴリー: Linux タグ:

coLinux用etchイメージを作る。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - coLinux用etchイメージを作る。

2006 年 3 月 23 日 コメント 1 件

現在リリースされているcoLinux-0.6.3でダウンロードされるDebianイメージがwoodyベースなのは周知のとおり。
「apt-get dist-upgrade」で上げてやればいいのですが、それではなんかアレなので、自分でイメージを作ろうと試行錯誤してました。その一部始終を大公開。せっかくなのでターゲットはetchです。
まずはじめに公式サイトのWikiで、ISOイメージからSargeをインストールするというエントリを見つける。

ref. InstallDebianFromIso – http://wiki.colinux.org/cgi-bin/InstallDebianFromIso

まさに探していたモノです。で、ここの説明通りにやってみる・・・。
説明では、パーティションを作成するのはインストーラからではなく、シェルから手動でやれ、とあります。
ふむふむ、その通りに実行。
その後、「choose to continue install anyway.」・・・できない。そう、sargeとetchはインストーラが違うのでした。
どうやらインストーラ内でpartmanを使ってパーティション作成云々しないと(フラグが立つのかな)、先に進めないらしい。
でも、partmanからインストール先のデバイス(root_fs)は見えない。
どうにか先に進めないかと3日ほどもがいてみるものの、解決策は見つからず。
そのままウロウロとGoogleをさまようこと数日、Debianのサイトで手動インストールマニュアルを発見。灯台もと暗し。

ref. D.3. Installing Debian GNU/Linux from a Unix/Linux System – http://d-i.alioth.debian.org/manual/en.i386/apds03.html

そうか、インストーラに頼っているから先に進めないんだ、と簡単なことに気がつく。
でも「debootstrap」のインストールが面倒な感じだったのと、Debianインストーラで「debootstrap」が使えるようになるところまでは行けていたので、それはDebianインストーラに任せることにしました。(中途半端?いやいや、「ハイブリッド」ですよ、あっはっは、と。)

かくして、イメージファイルを作ることに成功したのですが、ZIP圧縮しても130MBくらいとデフォでダウンロードされるwoodyベースのイメージにはほど遠い。
これ、どうやってやればいいのか以前からすごく気になってたんですが、↓こんなページを見つけ一発解決。すばらしい。45MBくらいになりました。

ref. ディスクイメージの圧縮

・・・ということで、DebianのISOイメージからcoLinux用イメージを作る手順をまとめてみました。

ref. coLinux用RootFSイメージをDebianのISOイメージから作成

ちなみに、インストールしたらインストールレポート送ってねってことなんですが、これ、レポートしようがないな。

ref. coLinuxインストール資料。 – http://saikyoline.jp/weblog/2006/03/colinux.html

カテゴリー: Linux タグ:

使ってないライブラリを消しまくるワンライナー。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 使ってないライブラリを消しまくるワンライナー。

2006 年 3 月 19 日 Comments off

Debianで、ライブラリ同士の依存を掘り下げて使用されていないパッケージを消しまくります。

while [ `deborphan | wc -l` -ne 0 ]; do deborphan | xargs aptitude -y purge; done

宙に浮いてるライブラリが溜まってたりすると爽快です。あーいぃわこりゃ。

ref. 使ってないライブラリを調べる。 – http://saikyoline.jp/weblog/2006/02/post_43.html

カテゴリー: Linux タグ:

coLinux起動でブルースクリーン。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - coLinux起動でブルースクリーン。

2006 年 3 月 16 日 コメント 2 件

インストールしたはいいが、起動するとブルースクリーンになってOSが落ちてしまう件についてのメモ。
これについては、
SourceForge.net: Detail: 1306042 – Colinux crashes XP kernel – https://sourceforge.net/tracker/index.php?func=detail&aid=1306042&group_id=98788&atid=622063
で解決策が示されています。

要はHyperThreading が有効になっている環境で、

"Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載" での機能の変更点 ‐ 第 3 部 : メモリ保護技術 – http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/winxppro/maintain/sp2mempr.mspx

で説明されている「データ実行防止 (DEP)」が有効になっているのが原因になっているようで、コイツを無効にするってのが解決策のようです。
無効にするには、Boot.iniにかかれている「/NoExecute」オプションを「AlwaysOff」にすればよい、と。

Windows XP で Boot.ini ファイルを編集する方法 – http://support.microsoft.com/kb/289022/

まだ長いのでstep-by-stepでまとめ。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」
  2. 「sysdm.cpl」と入力し「OK」
  3. 「システムのプロパティ」の「詳細設定」タブ
  4. 「起動と回復」の「設定」
  5. 「起動システム」の「編集」
  6. 上がってきた(はず)のメモ帳で
    「/NoExecute=OptIn」→「/NoExecute=AlwaysOff」
    と変更し保存
  7. OS再起動

ref. coLinuxインストール資料。 – http://saikyoline.jp/weblog/2006/03/colinux.html

カテゴリー: Linux タグ: