ホーム > Java > Tomcatのmanagerでのデプロイ

Tomcatのmanagerでのデプロイ このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Tomcatのmanagerでのデプロイ

2005 年 3 月 21 日

Tomcatに標準でついているmanagerを使うと、HTTPでアクセスするだけでWeb
アプリケーションをデプロイ出来るが、その挙動で気がついたことを。

http://localhost:8080/manager/deploy?path=/foo&war=file:C:/bar&update=true


ここで「update=true」がついていると、指定したPATHのアプリケーションがすでに
存在する場合にはDELETE,INSERTの動作をするが、このDELETEがちゃんと出
来ないことがある。

遭遇したケースは、/WEB-INF/lib/に置かれたJARをTomcatが掴んだままにな
っていて、ファイルが消せなかった。

対策として、Tomcatを落としてから該当のJARを消す。ベタベタな対応。

自分でアンデプロイしようとしてるアプリ内のファイルはちゃんと解放しようよ、Tomcat。


カテゴリー: Java タグ:
コメントは受け付けていません。