ホーム > TurboGears > TurboGears と PostgreSQLその2。

TurboGears と PostgreSQLその2。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - TurboGears と PostgreSQLその2。

2006 年 4 月 9 日

TurboGearsでポスグレを使うためのpsycopg。動かせたのでメモ。
Pythonとポスグレはインストールずみが前提。

psycopgのコンパイルに必要な「eGenix mx Extensions for Python」をダウンロードしてインストール。
実際に使われるのはこの中のmxDateTimeにあるヘッダファイルなんだけど。ともあれ、インストール。
同梱のsetup.pyで一発。楽だ。

# wget http://www.egenix.com/files/python/egenix-mx-base-2.0.6.tar.gz
# tar zxf egenix-mx-base-2.0.6.tar.gz
# cd egenix-mx-base-2.0.6
# python setup.py install

で、psycopgをダウンロードしてインストール。
最初は1系でやってみた。

# wget http://initd.org/pub/software/psycopg/psycopg-1.1.21.tar.gz
# tar zxf psycopg-1.1.21.tar.gz
# cd psycopg-1.1.21
# ./configure \
> --with-python=/usr/local/python24/bin/python \
> --with-postgres-includes=/usr/local/pgsql/include \
> --with-postgres-libraries=/usr/local/pgsql/lib \
> --with-mxdatetime-includes=/usr/local/python24/lib/python2.4/site-packages/mx/DateTime/mxDateTime
# make
# make install

検証環境(というかcoLinux)なんだし、βでいいじゃないかと2系でもやってみた。
そもそもTG自体バージョンが1.0まで達してないし。
※以下pg_configにパスが通っている必要あり。

# wget http://initd.org/pub/software/psycopg/psycopg2-2.0b8.tar.gz
# tar zxf psycopg2-2.0b8.tar.gz
# cd psycopg2-2.0b8
# python setup.py build
# python setup.py install

easy_installが入っているなら、最後の2つは

# easy_install .

でよし。

mx Extensionsといい、psycopg2といい、最近のPython関連はみんな

# make
# make install

# python setup.py build
# python setup.py install

または

# easy_install .

なのかな?

[ref.] TurboGears と PostgreSQL。 – http://saikyoline.jp/weblog/2006/04/turbogears_postgresql.html


カテゴリー: TurboGears タグ:
コメントは受け付けていません。