アーカイブ

2013 年 4 月 のアーカイブ

性別コードはISOで決まっている。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 性別コードはISOで決まっている。

2013 年 4 月 22 日 Comments off

Facebookで見かけたので元は引用しない方向で。

ISO 5218 – Wikipedia

ISO 5218とは、言語に依存しない1桁のコードによるヒトの性別の表記に関する国際規格。正式な題は、Information technology — Codes for the representation of human sexes(情報技術――ヒトの性別の表記のためのコード)である。データベースアプリケーションなどの情報システムで使用される。

ISO 5218 – Wikipedia

ISO 5218で指定された4つのコードは以下のとおりである。

  • 0 = not known(不明)
  • 1 = male(男性)
  • 2 = female(女性)
  • 9 = not applicable(適用不能)

規格では、その用途が、「性別」の指定子において参照されるかもしれないと明記している。

男性を「1」、女性を「2」とコードを振り分けているが、これには意味はないと規格に明記されている。この規格は、単に参加国の一般的な慣習を反映したまでであり、重要性、ランキングやその他、差別を意味する可能性のある根拠といった意味を表現しない。

地味に迷ってたんですが、こんどからこれ使っていこう。

カテゴリー: プログラミング一般 タグ:

Open JTalkを試してみました。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Open JTalkを試してみました。

2013 年 4 月 4 日 Comments off

メモメモ。

Open JTalk

Open JTalk is a Japanese text-to-speech system.

環境はさくらのVPSの1Gで、OSは標準の「CentOS 6 x86_64」です。

サービス仕様 | VPS(仮想専用サーバ)は「さくらのVPS」

サービス仕様

途中「-m32」にしている理由はここで、

[hts-users:03540] Re: HTS-demo_CMU-ARCTIC-SLT, HTS_calloc: Cannot alloca

If you use 64bit machine, could you compile hts_engine API with following options?

ソースを一部書き換えている理由はここです。最新のソースでも発生していました。

nishimotzの日記 · Open JTalk の音素継続長の不具合を回避する

このエンジンで、読み上げるメッセージが長いときに、メッセージの後半で「極端に遅い音声」あるいは「不自然な音声」が生成されるという問題がありました。これは最新の HTS engine API 1.04 および Open JTalk 1.02 と m001 1.02 でも発生します。 もしかしたら MMDAgent や、その他のシステムの一部としてこの音声エンジンをお使いの方も、同じような現象にお気づきかも知れません。

続きを読む…

カテゴリー: プログラミング一般 タグ: