ホーム > Rails, Ruby > Time.nowとTime.currentの違い。

Time.nowとTime.currentの違い。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Time.nowとTime.currentの違い。

2014 年 12 月 8 日

RubyとRailsにおけるTime, Date, DateTime, TimeWithZoneの違い – Qiita

基本的に Time.current や Time.zone.xxx、xxx.in_time_zone 等のメソッドを使うと、TimeWithZoneクラスのインスタンスが返却され、application.rbのタイムゾーンが使用されるようです。 Time.now や Time.parse など、Timeクラスから元から存在しているメソッドはRuby標準の挙動と同じく、環境変数のタイムゾーンを使用しています。

Time.currentを知らなかったー。いままではTime.nowを使っていたのですが、これからはTime.currentに寄せていこうと思います。


カテゴリー: Rails, Ruby タグ:
コメントは受け付けていません。