ホーム > JavaScript > JSXは気持ち悪いか否か。

JSXは気持ち悪いか否か。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - JSXは気持ち悪いか否か。

2015 年 11 月 28 日

最初に見たときは「キモッ!」と思ったのですがいまはそう思っておらず自分で不思議だったので、なぜそうなったのかを思い出してみました。(あいまいな記憶を頼りにだいぶググった。)

reactjs – React.jsのComponentについて – Qiita

それに対して、React.jsの開発者であるPete Huntはそれは「関心の分離(Separation of concerns)」ではなくて「技術の分離(Separation of technologies)」だとしていて、マークアップとViewのロジックは密であるべきとしています。

きっかけはこちらで、ただ「既存の言語に似ていて、かつ短く書ける。」というだけではない根拠があり、自分はこれに納得できたので、「JavaScriptにXMLが混ざったのではなく、JSXという新しい言語」という解釈になって、そういうものなら気持ち悪くない、という結論にいたったのでした。Railsでリンクを置くときaタグ書かずにlink_to使う感覚です。

時々細かいことが気になって仕方がなくなるんですが、自分の中で明確な線引きが出来ると、途端に落ち着きます。

[2015-11-28 追記]
@koba04さんが書かれていた話の元スライドを@t_wadaさんに教えていただきました。(19枚目
ありがとうございます!

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: JavaScript タグ:
コメントは受け付けていません。