ホーム > Ruby > $KCODEに入れるもの。

$KCODEに入れるもの。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - $KCODEに入れるもの。

2006 年 9 月 1 日

Rubyリファレンスマニュアル – 組み込み変数

代入するときには値の最初の 1 バイトしか意味がなく、また大文字小文字の違いも無視されます。すなわち、 "e" "E" は "EUC"、"s" "S" は "SJIS"、 "u" "U" は "UTF8"、"n" "N" は "NONE" に展開されます。

"u"やら"e"やら、$KCODEってどんな文字列を受け入れてくれるのかなーと思ってドキュメント確認したらこれ。
ということは・・・。

irb(main):001:0> $KCODE = "UFO"
=> "UFO"
irb(main):002:0> $KCODE
=> "UTF8"
irb(main):003:0> $KCODE = "ultraman"
=> "ultraman"
irb(main):004:0> $KCODE
=> "UTF8"
irb(main):005:0> $KCODE = "English"
=> "English"
irb(main):006:0> $KCODE
=> "EUC"
irb(main):007:0> $KCODE = "Sguy&the FamilyStone"
=> "Sguy&the FamilyStone"
irb(main):008:0> $KCODE
=> "SJIS"

ほおぉー。

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: Ruby タグ:
コメントは受け付けていません。