アーカイブ

Fresh Meeting Radarをつくりました。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Fresh Meeting Radarをつくりました。

2009 年 5 月 28 日 コメント 6 件

今月の15日いっぱいでLingrでの発言が出来なくなりました。
ブラウザひとつでチャット出来て、しっかりログも残るという手軽さから元同僚とのたむろいの場として利用していたのですが、サービス終了をうけて引っ越し先を考えていました。
そこでふと、どこかで見てうっすら記憶にあったFresh Meetingを思い出して試して見たところ、しっかりログが残るわ簡単に複数チャットルームが開けるわ画像を貼り付けられるわ、その他の部分もすごく丁寧に作られて(とくにチュートリアルの猫!)いて、すごくいい感じ。すぐさまミーティングルームを作りました。

そしてありがたく利用し始めたのですが、ひとつ気になることが。
とくに目的のある話ではないので常にブラウザを開いているわけではありません。Fresh Meetingではメールやタスクバー用スクリプト、そしてRSSなど更新通知の仕組みが用意されているのですが、どれも確認やブラウザで開くのにすこし手間がかかり、一長一短な感じ。(失礼!)
では理想は何なのかと考えたら、Lingrで用意されていた「Lingr Radar」でした。発言があるとポップアップで通知してくれて、それをクリックでチャットルームがすぐに開けたり、タスクトレイのアイコンから登録したチャットルームが開けたり。

そんなことを考えていたら、AIRでそんな感じのを作ろうとして挫折したソースが眠っているのを思い出したので、勢いでそいつをひっぱりだし、そのまま走ってみました。
タスクトレイをつかったり、ポップアップさせたりなどは↓を大いに参考(そう!参考!)にしてます。

アドビ – Flex 用 Adobe AIR デベロッパーセンター

次のトピックでは、Adobe AIR ランタイムの最も重要な機能または一般的な機能のいくつかを示します。

ちなみにAIRなのでWindowsでもMacでもイケます。
タスクトレイならまだしもドックで跳ねさせるのには忍びないアイコンは、そのうちなんとかしたい、です。
あ、16×16, 32×32, 48×48, 128×128のpngやgifまたはjpgなんですがね。16×16, 32×32, 48×48, 128×128のpngやgifまたはjpg、うん。

ということで、Fresh Meeting Radarはこちらです。

カテゴリー: ActionScript タグ: