ホーム > プログラミング一般 > 性別コードはISOで決まっている。

性別コードはISOで決まっている。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 性別コードはISOで決まっている。

2013 年 4 月 22 日

Facebookで見かけたので元は引用しない方向で。

ISO 5218 – Wikipedia

ISO 5218とは、言語に依存しない1桁のコードによるヒトの性別の表記に関する国際規格。正式な題は、Information technology — Codes for the representation of human sexes(情報技術――ヒトの性別の表記のためのコード)である。データベースアプリケーションなどの情報システムで使用される。

ISO 5218 – Wikipedia

ISO 5218で指定された4つのコードは以下のとおりである。

  • 0 = not known(不明)
  • 1 = male(男性)
  • 2 = female(女性)
  • 9 = not applicable(適用不能)

規格では、その用途が、「性別」の指定子において参照されるかもしれないと明記している。

男性を「1」、女性を「2」とコードを振り分けているが、これには意味はないと規格に明記されている。この規格は、単に参加国の一般的な慣習を反映したまでであり、重要性、ランキングやその他、差別を意味する可能性のある根拠といった意味を表現しない。

地味に迷ってたんですが、こんどからこれ使っていこう。

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: プログラミング一般 タグ:
コメントは受け付けていません。