ホーム > カテゴれない本たち > ソフトウェア開発の名著を読む。

ソフトウェア開発の名著を読む。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ソフトウェア開発の名著を読む。

2006 年 9 月 14 日

この手の本ではすでに「コンピュータの名著・古典100冊」がありますが、その100って数字に圧倒されてぜんぜん手がつけられませんでした。なぜかと問われても答えられません、単に優柔不断なんでしょう、選択肢が多いと動けなくなるタイプです。

ソフトウェア開発の名著を読む ソフトウェア開発の名著を読む
技術評論社(2006-07-26)

  • (著)柴田 芳樹

技術評論社
新品価格:¥ 882
ASIN:4774128511

で、これ。いままで本屋で見かけても気にしていなかったのですが、なんとなく手にとってふと気付きました。8冊です。たったの。しかもあちこちで引用されてるものばかりです。過去に読んだ「ハッカーと画家」や「Joel on Software」にも出てきました。でも、その中のどれも自分は読んだことがないんです。いつかは読もうかと思ってはいたけど。(←言い訳)
100冊なら言い訳もできます(ということにして)が、8冊じゃないですか。逃げ場が無いじゃないですか。
ということで、キャンペーンのAmazonギフト券も来たことだし「プログラミングの心理学」を注文しました。
頭から順番にいきます。メニューにあるやつ全部くれ作戦。

あ、もちろんこの新書も買いました。帰りの電車で読み終わりましたが・・・。

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: カテゴれない本たち タグ:
コメントは受け付けていません。