アーカイブ

2018 年 10 月 のアーカイブ

Ruby on Rails 5速習実践ガイドを読みました。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Ruby on Rails 5速習実践ガイドを読みました。

2018 年 10 月 25 日 Comments off

普段はソロ活動が多く、他の方が書いたコードを仕事の中で読むことがほとんどないので、実践的な章はもちろん、入門的な章も知識の棚卸しとして読みました。

自分にはまず、9章、10章が嬉しい内容でした。
全体として具体的で「あぁ、トラブるな、そこ。」だったり「なるほど、そんなことも考えないといけないな。」「そうすればいいのか。」という気持ちになることがところどころに。
それぞれ、当初から予想が出来ない、ということはないのかもしれませんが、そこを通った時に「こういう事があって、こうしました。」という感じで、実際に時間を掛けて付き合った上でないと出てこない内容だと思います。

あとは、この部分。

P392「そのため、Railsでアプリケーションを開発するならば、アプリケーションを放棄しない限り、ずっとバージョンアップをし続ける必要があると肝に銘じておきましょう。開発現場だけでなく、事業計画のレベルでも、RubyやRailsのバージョンアップの費用を常に計画に織り込むことが非常に重要です。」

「開発が終わったアプリにそんなにお金掛けられないですよね?」というような話を最近続けて聞くことがあったので、ここが刺さりました。

「終わった、とは?」という話は置いておいて、結果からいうと、自分はそこで「そういうケースではそもそもRailsは向いていないのだと思います。」と答えていました。おそらくこの言葉は「アプリを完成させることによって、または完成したアプリにはもう大きな費用がかからないことを前提に、その後の保守で利益を出す。」という発想から来ているのだと思います。
そのアプリに働いてもらって、そこから立った売り上げで体制を維持していく、という考え方でないと、なり立たない。経営的な話ですが、お仕事では必ず考える必要がある(が、得てして後回しにされがち)ので、気をつけておきたいところです。

発展編の方の章から話を始めてしまったのですが、入門編、レベルアップ編について。
まったくの新規ではなく、棚卸しの視点なのである程度は流し読みになってしまったのですが、準備から順番に、積み重ねるよう丁寧に解説されていると感じました。順番に進めていけば、おそらく躓くことはないと思います。

全体として、普通に開発を進めていくと必要になることが網羅されていて、木の幹になるような本だと思います。ひとまずこれを通して読んで、やってみましょう。もし足りないケースが出たら、そこで他を調べて枝葉を増やしていきましょう、と。発展編については、はじめの頃に読んでもおそらく難しいので、見出しを眺める程度にし、いまは置いておきましょう、という感じで。

毎月参加しているSaitama.rbでは、これからRuby/Railsの勉強を始めますという方がよくいらしゃいますが、この本をおすすめできると思っています。

カテゴリー: Rails, Ruby タグ:

神田松之丞のラジオ。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 神田松之丞のラジオ。

2018 年 10 月 7 日 Comments off


最近聴くようになってハマり、しばらくノーマークだったのを悔やんでいたのですが、ラジオクラウドにバックナンバーがありました。うれしい。

番組の冒頭が五木寛之の夜っぽいと思って聴いていたのですが、プレ放送で明言していたのですね。
いつも寝る時に付けていたラジオから流れてくる「哀しみのフローレンス」が、サザエさんのエンディングテーマ以上に週末の終わりを実感させるものでした。(この後すぐ寝入ってしまうので、番組内容はほとんど記憶にないのです。)

五木寛之の夜 – Wikipedia

えー、「深夜の友は真の友」などといいますけれども、こんな時間に独りで起きている貴方はいったいどんな人なんだろうと、いろいろ考えながらマイクに向かっています。人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を。今、この放送を聞いていらっしゃる深夜の友に、限りない友情と共感を抱きつつお送りするミッドナイトメッセージ。『五木寛之の夜』です。

カテゴリー: ラジオ タグ:

Ctrl+[がEscになる理由を知りました。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Ctrl+[がEscになる理由を知りました。

2018 年 10 月 4 日 Comments off

Ctrl-[ が Esc になる理由 – Humanity

SHIFT キーはキーコードを -0x20、CTRL キーはキーコードを -0x40 する機能

自分もMBPのTouch Barが理由で、EscがあるキーボードでもCtrl+[で統一するようになったのですが、これは知りませんでした。
Ctrl+PしようとしてCtrl+[しちゃうこともある(逆も)のですが、まぁそれはそれで。こういう話を聞くのはおもしろい。

カテゴリー: Vim タグ: