アーカイブ

‘ネットワーク’ カテゴリーのアーカイブ

DNSで躓いた。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DNSで躓いた。

2015 年 4 月 23 日 Comments off

結論から言うと、最後の「.」を忘れんな。dig使おう。nslookupでは気が付かない。
ゾーンが「example.com」だとして、

www CNAME hoge.example.net → hoge.example.net.example.com
www CNAME hoge.example.net. → hoge.example.net

ね。

カテゴリー: ネットワーク タグ:

HTTPステータスのあれ。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - HTTPステータスのあれ。

2015 年 2 月 10 日 Comments off

細かいことが気になるシリーズ。
「404 Not Found」の404はステータスコードだけどNot Foundの方は正式にはなんて呼ぶんだってのが気になってしまった。

HTTP/1.1: Response

The Status-Code is intended for use by automata and the Reason-Phrase is intended for the human user.

理由でいいのかー。

カテゴリー: ネットワーク タグ:

HTTPヘッダ名にアンダースコアはダメよ。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - HTTPヘッダ名にアンダースコアはダメよ。

2014 年 7 月 3 日 Comments off

とある要件でFOO_BARの様な独自ヘッダを使おうとしてたんですが、途中で捨てられちゃってるような挙動をしていたので調べました。

まず、Webサーバがnginxだったのでオプションを調べたら「underscores_in_headers」なんてのをあっさり見つけたのでこういう仕様なのかと思うも、すぐに納得することが出来なくて、もう少し追うとこんなやりとりを発見しました。

apache – Why underscores are forbidden in HTTP header names – Stack Overflow

Few month ago I had a problem with a custom HTTP header named “SESSION_ID”, not been transfered by nginx proxy.

まさにってことで読み進めるとApacheの方で下記のようなことが書いてありまして、Web依存ではなくHTTPの話だってことが判明。

Environment Variables in Apache – Apache HTTP Server Version 2.5

Starting with version 2.4, Apache is more strict about how HTTP headers are converted to environment variables in mod_cgi and other modules: Previously any invalid characters in header names were simply translated to underscores.

おかしな文字がヘッダ名に含まれていたらアンダースコアに変換することになっているよ。こういう用途に使っているから、最初からアンダースコアを含んでいるヘッダは無視するよ。ということのよう。

ということで、FOO_BARからFOO-BARに変更し、独自ってことで先頭にXを付けてX-FOO-BARにすることで解決しました。

と、ここまで書いて既視感があるのでブログを辿ったのですが、エントリが見つからず。
いつかハマって調べたことがある気がするような、しないような。。。

カテゴリー: ネットワーク タグ:

URIのスキームを省略すると。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - URIのスキームを省略すると。

2011 年 7 月 12 日 Comments off

http:は省略すれば空気読む – komagata

RFC 2396にちゃんと書いてあるらしい。

シラナカッタ!

ということで読んでみました。

5.2. Resolving Relative References to Absolute Form

のところ、

3) If the scheme component is defined, indicating that the reference starts with a scheme name, then the reference is interpreted as an absolute URI and we are done. Otherwise, the reference URI’s scheme is inherited from the base URI’s scheme component.

ここのことかー!
いやー、ちゃんと「ここで決められてる」って分かるのは気持ちがいいですね。

カテゴリー: インターネット, ネットワーク タグ:

HTTPステータスコードの定義。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - HTTPステータスコードの定義。

2009 年 8 月 12 日 Comments off

rfc2068.txt

HTTP status codes are extensible. HTTP applications are not required to understand the meaning of all registered status codes, though such understanding is obviously desirable. However, applications MUST understand the class of any status code, as indicated by the first digit, and treat any unrecognized response as being equivalent to the x00 status code of that class, with the exception that an unrecognized response MUST NOT be cached.

冒頭の"HTTP status codes are extensible."の解釈について。
コードの1桁目(クラス)に合ってれば、その後はアプリケーションで定義してしまってもいいものか迷ってます。
ここで定義されている401~415までは、TCP/IPのwell-known portみたいなもので、ここにない416~499までは使っちゃってもいいものなのかと。

なんでこんなこと考えてるかというと、FlexのFileReference#upload()で起こるHTTPStatusEventがレンスポンスのステータスコードしかくれないもんで、アップロードされたファイルをアプリで弾いたりした場合に、(すでにあるステータスコード以上に)詳しいことをクライアントで知る術がないのです。ふつうにformで投げればrjs使ってクライアントに表示などできるのですが、アップロード前にファイルサイズを知りたいという要件があるためにこいつに頼らざるをえない状態。responseHeadersにAIRアイコンが付いてるのがうらめしい。

カテゴリー: ActionScript, ネットワーク タグ:

ステータスコード。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ステータスコード。

2008 年 8 月 14 日 Comments off
HTTP/1.1 200 OK
Status: 200 OK

この2つについて聞かれて、うまく答えられなかったので調べたメモ。

RFC 2616 – Hypertext Transfer Protocol — HTTP/1.1

Status-Line = HTTP-Version SP Status-Code SP Reason-Phrase CRLF

RFC 3875 – The Common Gateway Interface (CGI) Version 1.1

Status = "Status:" status-code SP reason-phrase NL

後者はCGIのヘッダーフィールドなのかー。

カテゴリー: ネットワーク タグ:

急に公開鍵認証が出来なくなったが解決した話。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 急に公開鍵認証が出来なくなったが解決した話。

2008 年 6 月 19 日 Comments off

昨日あたりからDreamHostのsshで公開鍵認証ができなくなって面倒なことになっていたのですが、

COMPROMISED な公開鍵では ssh アクセスが許されない : 僕は発展途上技術者

久々技術的な話題のエントリーを。

こちらのエントリーを見て、もしかしてと思いリモートで自分の鍵を確認したところ、まさにこれでした。
でもローカルに「ssh-vulnkey」というコマンドがなかったのでさらに探してみたら、こんなエントリが。

debianのopensslとopensshに脆弱性 – ksaitoの日記

Debianのセキュリティー勧告によると、DebianとUbuntuなどの派生ディストリビューションでopensslパッケージの不具合によりopensshのssh-keygenで生成した鍵の作り直しが必要になるようです。

1ヶ月前の話かー。ドリホもこれに対応したところだったのかもしれない。
パーミッションやらファイル名やらをしつこく見直してもわからなくてあきらめかけていたところだったので、助かりました。

カテゴリー: ネットワーク タグ:

HTTPレスポンスにゴミが混じる。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - HTTPレスポンスにゴミが混じる。

2007 年 2 月 1 日 Comments off

と思っていたら、HTTP/1.1の仕様だった。

いしなお! – Amazon WebサービスにHTTP/1.1でアクセスするとゴミが出る

Transfer-Encoding: chunkedだからか! これで正常なのね。っつーか、HTTP/1.1で送るならば受信側がちゃんと対応しないといけないのね。HTTP/1.1のRFCちゃんと読んでおこう。

くわぁー。こちらを過去に読んだ記憶がある。なんてこった。
あと、HTTP/1.1だとConnection: closeしないとサーバがすぐにコネクションを切ってくれないってのも忘れててわりとハマるんだよねー。おれだけかもしれないけど。

カテゴリー: ネットワーク タグ:

ネットワーク(ブロードキャスト)アドレスを計算する。(IPv4) このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ネットワーク(ブロードキャスト)アドレスを計算する。(IPv4)

2006 年 12 月 15 日 Comments off
$ ipcalc 10.0.123.234/255.255.192.0
Address:   10.0.123.234         00001010.00000000.01 111011.11101010
Netmask:   255.255.192.0 = 18   11111111.11111111.11 000000.00000000
Wildcard:  0.0.63.255           00000000.00000000.00 111111.11111111
=>
Network:   10.0.64.0/18         00001010.00000000.01 000000.00000000
HostMin:   10.0.64.1            00001010.00000000.01 000000.00000001
HostMax:   10.0.127.254         00001010.00000000.01 111111.11111110
Broadcast: 10.0.127.255         00001010.00000000.01 111111.11111111
Hosts/Net: 16382                 Class A, Private Internet

こ、こんな便利なコマンドがあったのかーッッ!!

いままでWindowsの電卓使って(たまに紙に手で書いて)計算していたよ!
もう「255.255.192.0」とか半端なサブネットマスクに憤りを感じなくてもいいのか!

カテゴリー: ネットワーク タグ:

勝手にリダイレクトはダメなんだと。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 勝手にリダイレクトはダメなんだと。

2006 年 11 月 2 日 Comments off

Hypertext Transfer Protocol — HTTP/1.1

the user agent MUST NOT automatically redirect the request unless it can be confirmed by the user

HTTP/1.1でレスポンスコード

  • 301 Moved Permanently
  • 302 Found
  • 307 Temporary Redirect

を受け取ったときにはリダイレクトする前にユーザに確認しないとダメだよというお話。
これでいつ街角でHTTP/1.1のリダイレクトについて質問されても答えられるよママン。

カテゴリー: ネットワーク タグ: